ライフスタイル

ネズミが道路で死んでいるときの対応法!#9910に電話してみた体験談

「道路でネズミが死んでいて、どうすればいいか分からない!」という方に向けて対応法をまとめていきます。

 

結論を先にお伝えすると、国土交通省「#9910」に連絡をして下さい。

 

電話をかける前には、以下のポイントを確認しましょう。

電話をかける前に確認するポイント

  1. 道路で何が起きているか
  2. 道路の場所を伝えられるか(市街地だと番地まで伝える必要あり)

 

また、道路によって管理者が異なります。

国土交通大臣が管理していない道路だと、「#9910」で対応してくれず、「県や市に連絡してくれ」と横流しされる可能性があることを覚えておきましょう。(そのまま転送されることもあるようです)

 

わたしは道路でネズミが死んでいる現場に、何度も遭遇したことがあります。

 

家の近くにコンビニのゴミ捨て場があり、その前でネズミが死んでいることが過去2年で5回ほどありました。

 

ネズミに限らず、道路に死んだ動物が放置されると、車に潰されて無残な姿になってしまいます。

 

遭遇する時は突然眼の前に現れるので、「うお、ビックリした!」(でも、誰かが片付けてくれるだろう)と思う人は多いはずです。恥ずかしい話ですが、かつてのわたしもそう思っていました。

 

ですが、誰かが連絡してくれるだろうと思わず、「#9910」へ連絡して下さい!!

他の人と連絡が重複してもいいので、すぐ連絡して下さい!!

 

 

というように、立て前では「連絡して!」と伝えます…が。

今回わたしが実際に連絡してみると、分からないことがいくつかあり、問題に直面しました。

「#9910」に連絡した方が、その問題を越えられるように対処のポイントなどをまとめます。

 

ネズミが道路で死んでいるときの対応法!#9910に電話してみた体験談

まず、今回連絡するに至った経緯をまとめます。

  1. 出勤途中に通った市街地の道路でネズミの死骸に遭遇
  2. 出勤後すぐ「#9910」(国土交通省)に連絡
  3. 道路の場所を伝える
  4. 国土交通省の管轄ではないと言われる
  5. 区に電話をかける
  6. 道路の場所を伝える
  7. 回収に来てもらう

 

この流れの中で、以下のような問題が発生しました。

#9910に連絡する際に起こる問題

  1. 道路の分類や管理者が分からない
  2. 道路の場所を伝える難しさ

それぞれについて解説します。

 

#9910に連絡する際に起こる問題①:道路の分類や管理者が分からない

もしあなたが、道路でネズミが死んでいるのを見つけた時、その道路は一般国道(直轄国道or補助国道)・都道府県道・市町村道のどれか分かりますでしょうか?

 

道路の種類-国土交通省

 

大抵の方が「分からない」と答えるはずです。

なぜなら、それらを告げられる機会はほとんど無く、複雑に入り組んでいるからです。

 

もちろん、大きな道路であればどこかに国道〇〇号と書いてあったり、カーナビがアナウンスしてくれるかもしれません。しかし、その国道の中にも直轄国道と補助国道があり、管理者や連絡先が違います。

 

また、ネズミは殺鼠剤などを食べて、都市部の入り組んだ道路で死んでいることが多いです。(今回のわたしはこのケースでした)

そんな名もない細かな道路の分類なんて、調べても分かりません。

 

今回#9910に連絡しましたが、道路が特定できたタイミングで「管轄が違う」と言われたので、あらためて区に電話をかけることになりました。

 

対処法

道路分類が分からなくても、とにかく「#9910」へ連絡しましょう。

大きな道路でない場合、分類や管理者などは個人が調べても分かりません。

大きな道路の場合も、直轄国道は国土交通省が管理していますので「#9910」へ電話すればOKです。

ただし、次に記述する道路の場所は明確に伝えるようにしましょう。

 

#9910に連絡する際に起こる問題②:道路の場所を伝える難しさ

今回わたしは、東京都内の市街地で遭遇したので、最初はこのように伝えました。

 

「東京都〇〇区の〇〇駅周辺の〇〇という店の前です」

 

しかし、それだけでは情報不足だそうで、しっかりと道路がある場所の住所を聞かれます。

 

自分の家の前などだと住所はパッと出てきますが、通りすがった道の住所なんて分かりません。

 

電話をかける場合は、現場にとどまって、近くにある住所表示などを見て伝えられるといいでしょう。

 

しかし、「え、ネズミの死骸の側にいないといけないの?」と抵抗を示した方、おっしゃる通りです。

 

触ったり近づかない限り、病原菌や寄生虫の危険はありませんが、「生理的に無理」という方もいらっしゃると思います。

 

また、遭遇するのは突然のことですので、その場で電話に時間が取れない!という場合もあるでしょう。

 

対処法

上記のような問題を踏まえて、住所を的確に伝えるために取れる手段は2つです。

住所を的確に伝える手段

  1. 現場に残って、住所などの情報集めて伝える。
  2. 現場で住所をメモ、または調べてから後で伝える。

1の手段が最も効率がいいのは分かりますが、生理的・時間的に無理という方は、2の方法しかないですね。

2は通り過ぎたあとですので、若干気持ちが薄れるかもしれません。

しかし、ネズミや近隣住民のためにも「#9910」へ電話してあげてください。

 

個人でネズミの死骸を片付けてもいいのか?

ここまで#9910に連絡するという前提でお伝えしてきましたが、ネズミの死骸は自分で処理する事もできます。

しかし、病原菌感染やノミ・ダニなどに寄生されますので、直接接するのだけはやめましょう。

 

処理手順をまとめます。

  1. 手袋とマスクを用意する
  2. 殺虫スプレーを周囲に吹きかける
  3. 死骸を新聞紙などで包んで一般ごみとして出す
  4. 周辺にもう一度殺虫スプレーを吹きかける

 

正直、通りすがりの一般市民がやることではないですが、あまりにも家に近いなど、日常生活に支障を来す場合は個人で処理してもいいかと思います。

ですが、病原菌感染などが不安な方は、やはり「#9910」に連絡するといいですね。

 

まとめ

今回のパターンでは、連絡を終えてから「時間はお伝えできませんが、向かいます」と伝えられました。

30分ほど経ってから現場を見に行くと、既にネズミは処理されていました。

 

連絡を追えるまで20分ほどかかりましたが、その後の対応はすごく早かったですね。

 

あらためて、電話をかける前には、このような情報を明確に伝える必要があります。

電話をかける前に確認するポイント

  1. 道路で何が起きているか
  2. 道路の場所を伝えられるか(市街地だと番地まで伝える必要あり)

市街地などの場合ですと、道路の分類なんて調べても分かりませんので、まずはこれらの情報を整理した上で「#9910」に電話してみるとよいでしょう。

-ライフスタイル
-

Copyright© HAMUWO , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.